AKB総選挙に向けた運営側の分かりやすすぎる“推しメン”たち

2018年3月31日
順当に行けば、昨年3位のSKE48・松井珠理奈、同4位のHKT48・宮脇咲良、同5位のNGT48・荻野由佳がトップ争いを繰り広げそうですが、指原の不出馬で浮動票となった“中華砲”が誰に入るか。また、今年は世界各地の姉妹グループメンバーも出馬して全体の得票数が増えることが予想されるので、思わぬ番狂わせが巻き ...

( https://ift.tt/2uvbO5K )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加