今村悦朗 劇場支配人解雇 更迭決定 - NGT48を退任、東京へ異動

2019年1月14日
NGT48は、2019年1月14日未明、公式サイトを更新。メンバーの山口真帆が昨年2018年12月ファンの男2人から暴行被害を受けた事件をめぐる一連の騒動について、報告を行い謝罪した。NGT48劇場支配人・今村悦朗氏は東京へ移動、NGT48劇場支配人の解雇 更迭となり、新体制となることを発表。


◆今村悦朗(前支配人)異動先は東京「引き続き NGT48 と 48グループをサポートする」◆

関係者は、今村悦朗(前支配人)氏の今後の業務については「引き続き NGT48 と 48グループをサポートする」と説明。

都内で取材に応じた株式会社AKS取締役で運営責任者の松村匠氏(56)によると、今村氏は今回の人事を受けて「早川支配人をバックアップしていきたい」と話している、という。

( https://bit.ly/2soZSyI )


株式会社AKS 代表取締役の吉成夏子氏、運営責任者兼取締役の松村匠氏の連名で出された報告では、一連の騒動について「ファンの皆様にご心配とご迷惑をお掛けしておりますこと、メンバーに不安な思いをさせてしまったことを、改めてお詫び申し上げます」と謝罪。

さらに真相究明のために「第三者委員会」による調査を実施するとし、運営体制については今村支配人を異動させ、新支配人に早川麻衣子氏、新副支配人に岡田剛氏が就任し新たなスタートを切ることも発表した。就任にあたり早川麻衣子氏は「早急に山口真帆を始めメンバーとしっかり話をし、事態の収拾に努めて参ります。その上で、一歩ずつ前に進んでいけたらと思っています」とコメント。

山口真帆が2019年1月8日に動画で涙ながらに訴え、事件が発覚して以降、運営サイドがメンバーに内通者がいたかどうかなど、数々の疑問や詳細な事実関係などを明かさず、情報が錯綜していた。

( https://bit.ly/2Hjvxfs )


また、犯人の男らに山口真帆の帰宅時間を教えたNGT48メンバーがいたが、「違法な行為をしたメンバーはいなかったと考えている」とした。

( https://bit.ly/2soTrvp )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加