NGT48 山口真帆 住所 バレバレ

2019年1月15日
◆ NGT48 山口真帆の住所がバレバレ…それでいいのか? ◆

2018年12月8日の午後9時ごろ。公演を終えて帰宅したNGT48の山口真帆は、マンションの部屋の玄関先に押しかけた無職男性(25)と男子大学生(25)に襲われた。悲鳴を上げると、男らに顔をつかまれ、押されたという。男2人は暴行容疑で逮捕されたが、2018年12月28日に不起訴処分となっている。

山口真帆は、2016年1月に青森県から、ひとり新潟県にやってきた。アイドルに集中するため、携帯の番号とメールアドレスを変えて、故郷の友達から連絡が来ないようにした。NGT48の栄えある1期生。

「山口真帆は2016年に『ハレンチハレンチ~』と連呼する動画配信が話題になった、美形だけど不思議ちゃんキャラ。2018年7月からは、『チームG』の副キャプテンを務めていた」(48グループに詳しい関係者)

だが1月8日夜に「SHOWROOM」でおこなった動画配信は、深刻なものだった。「殺されてたらどうするんだって思う。生きてる感じがしない」と暴行被害を告発し、号泣。

9日未明にはTwitterで本人、山口真帆がこう明かしている。

「あるメンバーに(※編集部注 男に対して)公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそのかしていました」

さらに、「その(※犯人の男が出てきた)部屋は違うメンバーが住んでた部屋でした」など、NGT48のメンバーが犯人に協力していたと訴えたのだ。

新潟以外が出身地のNGT48メンバーは、多くが、グループの運営会社が「寮」として部屋を借りている、同じマンションに住んでいる。

取材を進めると、複数のファンが寮の場所、住所を知っていた。

「自分も場所を知っています。どうやって知ったか? たまたまです」(男性ファン)

「5人くらいの、ヤンキーっぽい見た目の男たちが、メンバーが暮らすマンション前で待っているのを見たことがある」(別のファン)

NGT48では2016年夏、中井りか(21)が自宅から動画を配信中、男性が家の外から「ジャージャー」と大声で掛け声をかける出来事があり、住所がバレていると騒ぎになった。また2018年夏には荻野由佳(19)が、「レッスン帰りの夜道で車に連れ込まれそうになった」とテレビで告白。

「荻野の事件の後、運営はメンバーを車で家まで送るようになった。それでも、ヤカラっぽい男たちはマンション前に待機していた」(別のファン)

住所ばれていて、事件の起きる下地は、十分にあったのだ。また、インターネット上では、犯人や、山口真帆が言う「犯人に協力したメンバー」について、何人かの実名が飛び交っている。

だが報道によると、警察の捜査では、犯人が特定のメンバーとつながっていることをうかがわせる情報はなかったという。

しかし、グループの運営は、メンバーが帰宅時間を教えていたことは認めた。10日、運営が出したコメントでは「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」と説明している。

事件が明るみに出た翌日は、NGT48の3周年記念ライブだった。山口真帆も参加。「たくさんお騒がせして申し訳ありませんでした」と、被害者でありながら頭を下げた。

当日は、山口真帆の親友とされるメンバーの菅原りこ(18)が欠席。インターネットで「犯人に協力」が疑われているメンバーの1人が泣き出し、途中退場するなど、混乱の隠せないライブになった。

「事件を告白したときに、山口真帆はTwitterに『皆さんにngtを嫌いになってほしくないからこの1ヶ月つらくても黙ってた。報道でもngtということは伝えないように私がお願いした』(原文ママ)と投稿している」(前出の関係者)

ライブで頭を下げたのも、グループを思うがゆえの行動だった。だが、これで一件落着、という軽い事件ではない。以下は、指原莉乃のツイート。「メンバーはこれからも応援してください、としか言えないと思う(中略)、運営側はそうあってはいけない。現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思っているスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう! というのはおかしい」

( https://bit.ly/2FwHZpk より )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加