山口真帆の帰宅時間伝えたNGT48のメンバーがいたと発表

2019年1月12日
NGT48 山口真帆(23)が昨年12月、男2人に自宅へ押しかけられた事件について、グループ運営会社のAKSは2019年1月10日、公式サイトで、事件の概要と再発防止策を発表した。

山口真帆は2019年1月8日夜、動画配信サービスSHOWROOMやツイッターなどで、暴行被害を告白していたが、グループとして騒動に触れるのは初めて。サイトでは「山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告」と題し、「当然のことながら、今回の事件を受けて山口真帆本人は精神的なショックを受けております。今回このように山口真帆本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった」と釈明した。昨年12月8日夜の事件発生から約1カ月間、NGT48劇場の今村悦朗支配人が新潟署の捜査に協力してきたことを報告した。

山口真帆は、暴行事件の夜に新潟市内の自宅マンションの玄関先で男らに待ち伏せされていたことから、実行犯らと何らかの接点を持つメンバーの存在を指摘。それについて運営側は「メンバーの1名が、男から道で声を掛けられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまった」と説明。逮捕された2人以外にも事件に関与していたファンの男1人の存在を確認しており、グループ内での公演、握手会、イベントなどへの永久出入り禁止とする対応を発表。再発防止については「今後はこのことがないよう、全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底するなど、これまで以上に再発防止策を講じるとともに、メンバーとの信頼関係を築き、山口真帆をはじめNGT48全メンバーの精神的ケアを、スタッフ一同、全力で行っていく所存です」とした。

( http://bit.ly/2RIKprp )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加