NGT48 運営崩壊 機能不全… 解散? メンバーが一般人を批判、グループ解散も取り沙汰

2019年1月14日
新潟に拠点を置くアイドルグループ・NGT48の山口真帆が、男性2人から暴行被害を受けていたことを告白し、波紋が広がっている。

インターネット上で事件への関与を取り沙汰されていたNGTの中井りかは2019年1月12日、自身のTwitterで「名誉毀損なんだけど 関係ないんだけど なんなの」と関与を否定し、以下のように怒りをぶちまけた。

「なんなら言うけど公式で発表されてること以外なんの事実もないし、メンバーはそれ以上関係ないし叩いてる奴ら全員それこそ罪だし、酷いことしてるからね。気づけよいい加減。メンバー信じられねえのかよ応援してたんじゃねえのかよ 真帆ちゃんも大切だしグループも大切だけど本当のことなんもしらねえ奴になんでこんなこと言われなきゃいけないの」

2019年1月13日にはNGTの太野彩香と西潟茉莉奈も事件への関与を否定しているが、現役メンバーが運営元や一般の人々を批判するという異例の事態となっている。

しかし、NGT運営は「雲隠れ」状態。運営への批判は、メンバーのみならずNGT48ファンからも上がっている。山口真帆の告発直後の10日に行われたNGTのライブで、山口真帆が「お世話になっている方々にも迷惑をかけることになってしまったこと、本当に申し訳なく思っております」と謝罪。その一方、運営元は同日に「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」とのコメントを発表したきり、以降、詳細の説明を行っていない。「NGT48劇場3周年記念イベント」でも経緯の説明はされず、さらに劇場支配人の今村悦朗氏が会場に姿すら見せなかったことに批判の声が高まり、今村悦朗氏の辞任と運営元の謝罪を求める署名活動まで展開され、すでに賛同者は5万人を超えている。支配人の今村悦朗氏含めてNGT運営元は“雲隠れ”状態ですが、こうなった以上、どのようなコメントを出しても批判を浴びるでしょうし、メンバーや関係者からまったく異なった情報が発信される可能性もあり、さらにはもし山口真帆がNGTを脱退するようなことになれば、大バッシングを受けることになる。そのため、沈黙を貫いてほとぼりが冷めるのを待っているのでしょう。大所帯のアイドルグループを取り仕切る運営母体の発想としては“終わって”います」(テレビ局関係者)

◆NGT48 解散?◆

「現役メンバーが次々と運営を公然と批判するばかりか、一般の人にまでその矛先を向けるなど、NGTの管理体制は崩壊状態です。AKBグループの運営元としては、あくまで“NGT個別の問題”というかたちで支配人を辞任させるなどして、幕引きを狙っているともいわれています。もしくは、NGTは発足から3年以上たったものの人気が低迷して浮上の見通しもつかないだけに、今回の事件を理由にしてグループを解散するのではないかという見方も広まっています。これだけイメージが悪化すれば当然ともいえますが、これまで多くの危機をチャンスに変えてきたAKBグループだけに、何か大きな秘策を用意しているかもしれませんね」(週刊誌記者)

大きな騒動に発展した山口真帆の告発騒動、どのような着地を見せるのだろうか。

( http://bit.ly/2RHqedH )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加