荻野由佳 twitterで騒動謝罪 ファンに呼び掛け「私を信じて一緒に歩んでほしい」しかし真相解明が先か

2019年1月13日
NGT48 荻野由佳が 2019年1月13日、
「タテ読み」モバメ後に、ツイッターも更新し、山口真帆が昨年12月にファンの男2人から暴行被害を受けた事件に言及した。

荻野由佳はまず、「今回の一連の中でファンの皆様にご心配をおかけしてしまった事をNGT48のメンバーの一人としてお詫び申し上げます」と騒動を謝罪。

そして「私たちがするべき事は、歌ったり踊ったり、握手会などで皆さんと一緒に笑顔で過ごす事だと思っています」と続け、「私は今までもこれからもファンの皆さんを悲しませる事や、裏切るようなことは絶対にしません。もちろんメンバーやスタッフの皆さん、関わってくださる全ての方に対してもです」とメッセージを送った。

「最後になりますが2019年1月10日でNGT48劇場が出来て3周年となりました。沢山の応援を本当にありがとうございます!これからも、荻野由佳とNGT48の応援を宜しくお願いします」と呼びかけた荻野由佳。最後は「そしてファンの皆様 私を信じてこれからも一緒に歩んでほしいです」と結び、動揺が広がるファンに対して「信じて」と語りかけた。

荻野由佳は続けて「別の人が書いてるというコメントを多くみますが、しっかり私が書いてます!」とツイートし、自らの考えであることを強調している。

前日2019年1月12日には、荻野由佳の名義で有料メールサービスの登録者へ一斉メール(モバイルメール)が配信され、「しんじて」と 縦読み (たてよみ) ができる内容だった。

( http://bit.ly/2D5noqG )

グループNGT48のエース格である荻野由佳にとっては、事件をめぐるファンの動揺を収める目的もあっての投稿と思われる。しかし、メンバーの事件関与も疑われていることから、ネット上では
 「歌ったり踊ったりというのは、真実が解明されてからだ」
 「信じてほしいなら運営並びに支配人が率先して呼び掛けるべき」
などの厳しい指摘が、既に相次いでいる。

(https://bit.ly/2FrkvTi)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加